つまんでご卵は平飼い鶏の九州福岡ブランド卵

つまんでご卵あかね農場

卵の白いヒモは捨てるともったいない?

生卵を割ると黄身に引っ付いている白いヒモのようなもの。
気持ち悪いから取ってから食べるという人もいるようですが、
実は捨てずにそのまま食べた方がいいというお話。

白いヒモ「カラザ」の役割

白いヒモのようなものは「カラザ」といわれる卵白の一種です。

カラザは卵黄を卵の中心に固定さる役割があります。
中心に固定することで、外部からの衝撃から黄身を守ることができます。

カラザはそのままで

カラザがあると見た目良くないため、料理番組などでは取り除かれていたりしますが、
ルシウムやリン・鉄などミネラル、カロチンやビタミンB1・B2など栄養がたっぷり。

さらに、ウイルスや細菌に感染することを防ぎ、免疫力を高め、
風邪やインフルエンザなどにも有効という研究結果もある
「シアル酸」という成分も含有しています。
風邪やインフルエンザが流行る季節にはうれしい話。

最近の研究ではシアル酸には抗がん物質が含まれていることも実証されています。

なんとなく気持ち悪いイメージを持たれているカラザですが、
取り除くのはもったいないことです。
ぜひ、そのまま食べてください。

tkg

 - コラム・卵雑学