つまんでご卵は平飼い鶏の九州福岡ブランド卵

つまんでご卵あかね農場

大寒卵で健康運アップ!金運アップ!【予約受付開始】

あかね農場の大寒卵

大寒とは

大寒というのは1年で最も寒い時期のこと。
立春から始まる二十四節気の第24が「大寒」です。
立春(第1)、立夏(第7)、立秋(第13)、立冬(第19)など、1年を24等分した季節を表す名称二十四節気の最後が大寒です。

この時期(1月20日~2月3日頃)は、一年の中で最も寒い時期となります。
大寒の始まる日が大寒日で、大寒日に産まれた卵が「大寒卵(だいかんたまご)」です。

2018年の大寒日は「1月20日」です

健康運アップ!金運アップ!大寒卵の由来

この時期の鶏は水の摂取量が減り、体内に栄養を多く摂りこもうとしてよくエサを食べます。そんな環境で産む卵は、一年の内で最も栄養価が高い卵で、黄身も濃厚で一年の内で最も美味しい卵とされ、大寒卵を食べることで一年を健康に過ごすことができると言われます。

風水に由来し金運もアップすると言われています。金運の良い日に産まれた卵だから、黄身が特に濃くなるから(風水で黄色は金運)など諸説あります。

数量限定予約制

大寒の日に産まれる卵には限りがあります。
安全で美味しい卵をお届けするために、ストレスフリー鶏舎で平飼い養鶏をしている「あかね農場のつまんでご卵」は、ケージ飼いのように大量生産することができません。数量限定、予約制にてご注文承ります。

大寒日に産まれた卵をお届けしますので、お届けは1月21日~23日頃となります。

大寒卵2018年

 - コラム・卵雑学, あかね農場の様子